銀行と信用金庫の違い 融資はどっちに申し込むのがおすすめ?

銀行と信用金庫はどちらも金融機関ですが、両者の違いをご存知でしょうか。銀行と信用金庫ともに預金業務や融資業務を行っており、一見しただけではその違いを見つけるのは困難です。そこで、今回の記事では、銀行と信用金庫の違いやどちらに融資を申し込むのがおすすめかについて解説しています。金融機関から資金を借りようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

1 銀行と信用金庫の共通点

銀行と信用金庫の共通点

銀行、信用金庫ともに預金業務を行っています。普通預金・定期預金・当座預金など、銀行と信用金庫で大きな違いはありません。また、融資業務についても、銀行、信用金庫ともに顧客に対して、必要資金の貸付を行っています。両者ともに、融資審査があり、審査に通過した相手に資金を貸し出します。その他、送金や振込、外貨との両替などの業務は、両者にあまり差はありません。

2 銀行と信用金庫の違い

銀行と信用金庫の違い

 

2-1 設立目的

銀行と信用金庫、それぞれの設立目的は、銀行法と信用金庫法に定められています。

銀行法第1条 この法律は、…(中略)…銀行の業務の健全かつ適切な運営を期し、もって国民経済の健全な発展に資することを目的とする
信用金庫法第1条 この法律は、国民大衆のために金融の円滑化を図り、その貯蓄の増強に資するため、…(後略)…

銀行法の制定目的ですが、これがそのまま銀行設立の目的となります。すなわち、銀行は国民経済の発展のために設立される組織です。一方、信用金庫は、国民大衆の金融円滑化や貯蓄増強のために設立される組織です。

銀行と信用金庫の設立目的

つまり、銀行はマクロ的な経済視点に基づいて設立されているのに対し、信用金庫は国民が資金を借りやすく、貯金を増やせるなど、より国民目線で営業されているのが特徴です。

 

2-2 組織・運営方針

組織・運営方針

銀行は「株式会社組織の営利法人」と定められています。すなわち、銀行は一般の民間企業と同じく、利益の追求を目的とすることができる組織です。

それに対して信用金庫は、「会員の出資による共同組織の非営利法人」とされています。
信用金庫の会員資格は、信用金庫の「営業地域内に居住している人」「営業地域内で働いている人」「営業地域内で事業を行っている人(従業員300人以下または資本金9億円以下)」とされており、信用金庫のエリア内で活動する人に限定されています。

また、信用金庫は、銀行のように利益追求を目的としていないため、獲得利益は、会員への配当や地場産業への融資などを通じて、その地域のために使用されます。

 

2-3 営業範囲・事業範囲

 

【営業範囲】

銀行の営業範囲は比較的広く、メガバンクや都市銀行では全国に支店・営業所を展開しています。

一方、信用金庫は、比較的狭いエリアに営業範囲を限定しており、支店・営業所もそのエリア内に立地しています。

 

【事業範囲】

「預金」については、誰でも預金ができるなど銀行・信用金庫ともに制限がありません。

ただし、「融資」については、銀行では審査を通過すれば貸し出す相手に制限がありませんが、信用金庫では融資できる相手が会員に限定されています。

会員は、信用金庫の営業地域に居住・勤務・事業をしている人たちであることから、信用金庫の融資は地域の発展を目的として行っているといえます。

 

3 融資はどちらに申し込むのがおすすめか

融資はどちらに申し込むのがおすすめか

それでは、融資を受ける場合に、銀行と信用金庫どちらに申し込むのがおすすめでしょうか。

 

3-1 銀行融資は属性・年収・担保がハードル

メガバンクや都市銀行は、利益を上げるために、貸出先として大企業を中心に置き資金提供を行っています。利益を追求するには、中小零細事業者や個人に融資するよりも大企業に貸し出す方が効率よく、大きな利益(利息)を得られるとともに、安全に資金回収ができるからです。

もちろん、銀行は、大企業だけでなく、中小零細事業者や個人に対しても融資を行います。

しかし、通常銀行が中小零細事業者や個人に融資する場合は、以下の条件を満たせる相手に絞ることがほとんどです。

①取引実績がある 過去に融資して、きちんと返済された実績がある。または一定額以上の預金をしている
②属性・年収がよい 大企業の正社員などで安定収入がある。または大企業の正社員でなくても、一定額以上の安定した年収がある
③担保がある 不動産などの担保がある

以上のように、中小零細事業者や個人が銀行から融資を受けるには、取引実績・属性・年収・担保等がハードルになります。そのため、上の要件を満たせない中小零細事業者や個人は、銀行の融資審査を通過するのが容易ではありません。

 

3-2 信金融資は地域性・将来性をみてくれる

信金融資は地域性・将来性をみてくれる

信用金庫の使命は、地域の住民や事業者に対して資金面から支援を行い、地域や地場産業の発展を手助けすることなので、融資対象を会員に限定しています。信用金庫の会員とは、信用金庫の営業地域に居住・勤務・事業をしている人たちです。

信用金庫は非営利法人ですが金融機関であるからには、資金回収のための融資審査はしっかりと行います。

なお、信用金庫の融資審査では、融資申込者の地域性や将来性もチェックします。例えば、信用金庫の営業エリア内で、創業するために融資を申し込んだとします。銀行の場合、取引実績や担保がなければあまり相手にしてもらえませんが、信用金庫では、そのようなケースでも話をしっかりと聞いてもらえる例が多くあります。

ただし、信用金庫に融資してもらうには、その信用金庫の会員になることが必要です。会員資格は、信用金庫の営業エリア内に居住・勤務・事業を行っている人に与えられることから、その資格要件を満たしていれば第1関門は突破することができます。

さらに、信用金庫の融資審査では、銀行と同じく取引実績・属性・年収・担保などの項目も審査対象になりますが、それに加えて融資申込者の資金使途や事業に対する熱意、経営理念、事業の将来性なども評価の対象になります。

取引実績・属性・年収・担保などの項目で特別に優良点が付かなくても、資金をどのような目的で使い事業への熱意はどうか、将来性はあるか、その地域への貢献度はどうかなどの点で評価されれば、融資してもらえる可能性があります。

事業に将来性や地域貢献度が認められ、無理のない返済計画を立てていれば、銀行と比べ、事業の進捗や返済を長い目で見てもらえる傾向があるのです。

なお、金利については、銀行に比べ信用金庫の方が高い傾向にあることは認識しておいてください。

4 まとめ

まとめ

銀行と信用金庫は同じ金融機関ですが、その設立目的や組織、運営方針などに大きな違いがあります。銀行は、国の経済発展を目的として設立され、利益の追求ができる組織ですが、信用金庫は、国民への資金提供や貯蓄増強を目的に設立された非営利法人です。信用金庫が上げた利益は、会員への配当や地場産業への融資などを通じて、その地域に還元されることが想定されています。

銀行融資はハードルが高いと悩んでいる中小零細事業者や個人の方は、その地域にある信用金庫に出向き、相談してみることも大切です。

融資の事なら融資支援.comへお気軽にお問い合わせください!
融資支援のみ外注したい税理士・公認会計士の方はコチラ
© 融資支援.com All Rights Reserved.