融資実績都内No.1。他社で断られた融資も実現する圧倒的な実績×ノウハウ。

92 . 3 %

都内の中小企業融資実績300社以上。自身の事業に10億円の融資をひいた税理士が御社の資金調達を完全支援。

銀行融資を受けるための鉄則

銀行から借りやすい決算書を作る

すべての会社は銀行によって格付けされています。
そして格付けが高いほど有利に融資を受けられます。

しかし、この格付けが『要注意先』になれば借入は困難になり、さらに『要管理先』となれば融資を受けるのはまず難しいでしょう。 その鍵となる銀行格付けは、決算書でほぼ決まります。
そして、決算書で評価されるポイントは次の四点です。

それが①収益性、②安全性、③成長性、④債務償還能力です。

【収益性】経営活動で継続的に利益(儲け・黒字)を出しているか。

黒字決算でないと銀行格付けはぐっと下がります

【安全性】安定感ある経営が行われているかどうか。

負債と自己資本のバランスが重要な判断の指標になります。

【成長性】計画的に成長しているかどうか。

売上の大きさやその伸びなどから成長性は評価されます。

【債務償還能力】 銀行などの借入金に対する返済余力です。

 

これらのポイントから総合的に評価され、その評価点の高さに比例して、銀行格付けはおおよそ決まります。

 


 

税金は滞納しない

税金や社会保険料、公共料金などを滞納している場合、資金繰りが悪化している、と判断され銀行は融資をしてくれません。
ノンバンク等を一時的に使ってでも納付しましょう。

納付のために一時的に調達したお金は、銀行からの融資を受けられ次第返済するといいでしょう。

 


 

金融機関に初めて接触する際には、誰かに紹介してもらうこと

融資を受けるために銀行へアプローチする際、会社として直接窓口を訪ねるのは避けてください
そういった行為は資金繰りに困っている会社とみなされ、銀行から警戒されるおそれがあります。

警戒されないためには、知人や税理士事務所を介して銀行を紹介してもらいましょう。

これで先方からも新たな営業先、という見方がなされ、前向きに取り組んでもらえるはずです。

 


 

消費者金融や商工ローンはなるべく避ける

銀行は、消費者金融や商工ローンからの高金利の融資に手を出している会社を「危ない会社」と判断します。

通常信用情報を銀行が直接調べることはあまりなく、決算書等の作成方法に気を付けることで露見しないこともあり得ます。
しかし、消費者金融や商工ローンから高金利の融資を受けていることが判明すれば、
融資審査の厳しいプロパー融資を受けることは、まず難しいと考えてください。

無料お問い合わせフォーム

種別必須
必須
必須
必須
必須
必須
必須
-



必須

融資支援のみ外注したい税理士・公認会計士の方はコチラ
© 融資支援.com All Rights Reserved.