銀行融資に通るための7つのポイント

事業の資金繰りが厳しくなったときや新規事業のための資金が必要な際に、銀行融資を活用できるかどうかは重要なポイントです。しかし、銀行融資は希望すれば誰でも受けることができるものではなく、厳しい融資審査を通過する必要があるため、基本的な審査項目や通過するためのノウハウを知っておくことが大切です。

この記事では、銀行融資の種類をはじめ、融資審査を通過するためのポイントや注意点について解説しています。銀行融資を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

1 銀行融資とは

銀行融資とは

銀行融資とは、銀行が企業や個人に資金を貸し出すサービスです。銀行は、貸し出した資金を返済期限までに無事に回収し、利息を受け取ることで収益を上げ、企業や個人は、銀行融資を受けることで必要な設備資金や運転資金を調達することが可能となります。

銀行融資の基本的な流れは、①融資の申請を行い、②銀行に必要書類を提出し、③銀行の担当者と面談を行ったあと、④融資審査が行われ、⑤通過すれば融資実行となります。

2 銀行融資の種類

銀行融資の種類

銀行融資の種類には、次のようなものがあります。

種類 備考
保証付き融資
  • 信用保証協会に保証人となってもらい、融資を受ける方法
  • 返済困難な場合は、信用保証協会が立て替え払いする
  • 新規の申込みでも融資を受けやすく、担保が不要
  • 利用するには、一定の条件を満たした上で信用保証料を払うことが必要
プロパー融資
  • 信用保証協会の保証なしで、直接銀行から融資を受ける方法
  • 融資限度額は決められていないが、返済期間が短期間になりやすい
  • 協会保証がないため、銀行の審査が厳しく、融資実行までに時間がかかりやすい
不動産担保融資
  • 不動産を担保に融資を受ける方法
  • 低金利で多額の融資を期待でき、返済期間も10年以上と長いのが特徴
売掛債権担保融資
  • 売掛債権を担保に融資を受ける方法
  • 債権譲渡登記制度を利用することで、売掛先の承諾は不要
  • 売掛債権が担保のため、低金利で多額に借り入れることも可能
手形割引
  • 銀行に約束手形を買い取ってもらうことで資金を調達する方法
  • 即金性がある方法だが、手形の信用度がポイントとなる
  • 手形の支払期日は将来であるため、その間の利息や手数料がかかる
手形貸付
  • 銀行に対して約束手形を振り出し、融資を受ける方法
  • 主に1年以内の短期借入に利用される
  • 手形支払期日までの間の利息がかかり、支払期日までに返済しないと「不渡り」となる
当座貸越
  • 当座貸越契約を結ぶことで融資を受ける方法
  • 契約で設定された限度額まで、何度でも資金の借り入れが可能
  • ATMから利用でき自由度が高い
  • 当初の契約時に、担保の有無や企業業績などによる審査が厳しめ
ビジネスローン
  • 主に中小企業向けの無担保・無保証の融資
  • 迅速な融資が特徴だが、金利は高め
  • 融資額は数百万円が限度で、返済期間も短い
無担保ローン
  • 担保や保証人なしで利用できる融資
  • カードローンやフリーローンなどの種類がある
  • ATMやネットで利用できる気軽さがあるが、金利は高め
  • 融資額は数百万円が限度

3 銀行融資を通過するためのポイント

銀行融資を通過するためのポイント

次に、銀行融資を通過するためのポイントについてみていきましょう。

 

3-1 銀行の格付けを上げておく

①定量評価 決算書の分析により、企業の収益性や安全性、返済能力を評価するもの
②定性評価 市場や事業の将来性、営業力や技術力など、決算書以外の要素を評価するもの

このため、日頃から市場開拓や経営改善に努め、定量評価および定性評価の両面で格付けを上げる取り組みが求められます。

 

3-2 融資額と資金使途を明確にする

銀行融資を通過するには、融資希望額とその使途を明確にしておく必要があります。例えば、「とりあえず3,000万円貸してほしい」などのざっくりした説明では、資金の必要性や根拠が不明確です。

そこで、「事業のための〇〇という設備に2,000万円、運転資金に1,000万円」など、融資額と資金使途を明確にすることが肝心です。この場合は、購入予定設備の見積書や運転資金が必要であることの根拠資料も添付するとよいでしょう。

 

3-3 現実的な事業計画を作る

現実的な事業計画を作る

事業計画は、地に足が付いた現実的なものでなければなりません。そのためには、事業計画を裏付ける資金の流れを表す収支予定表も作成しておく必要があります。現実から乖離した誇大な計画や虚飾された内容では、計画と資金繰りの整合性がとれなくなり、審査の過程で指摘を受けることになります。

銀行には、現実的・客観的な事業計画に基づき、事業内容や売上・経費・利益の予想、さらに事業を行うにあたっての経営理念などを根気よく説明することが肝心です。

 

3-4 客観的な返済計画を立てておく

返済計画は、銀行が見ても無理がなく、客観的に返済可能なものでなければなりません。そのためには、月々の事業収支計画に基づき実現可能な営業利益を算出した上で、返済可能額を求めることがポイントです。

 

3-5 担保や保証人を用意する

銀行は、貸付金が焦げ付いた場合の回収方法を常に考えています。そのため、銀行融資では、不動産などの担保やしっかりとした保証人を立てることができれば、有利に進めることも可能になります。

 

3-6 税金・公共料金を滞納しない

税金や公共料金を滞納していると、銀行に「この会社は、本当に返済ができるのか」と不安を生じさせてしまいます。銀行の心証を悪くしないためにも、日頃から税金や公共料金を滞納しないことが求められます。

 

3-7 銀行と良好な関係を築いておく

銀行融資をスムーズに実現するには、銀行と良好な関係を築いておくことが重要です。そのためには、短期で小口資金を借りてきっちりと返済し、返済実績を積み重ねておく方法が有効です。

また、社員の給与口座に利用する、銀行担当者を訪問して会社の状況を説明し、いざというときの支援をお願いしておくなども効果的です。

このように、日頃から良好な関係を築いておくことで、融資も通りやすくなります。

4 銀行融資を申請する際の注意点

銀行融資を申請する際の注意点

次に、銀行融資を申請する際の注意点についてみていきましょう。

 

4-1 銀行融資が自社の条件に合っているか検討する

銀行融資を申請する場合は、事前に、受けようとしている銀行融資が自社の経営環境や条件に合っているか検討することが重要です。資金調達の手段は、銀行融資だけではありません。出資者を募り出資金を集めるという方法もあります。

証券市場に上場していないために出資金を集めるのが難しい場合は、ネットを通じてクラウドファンディングで出資者を募集する方法もあります。

また、銀行融資にも種類があり、どれを選ぶかで結果が変わってきます。銀行融資を申請する前に、どのような集金方法が自社の条件に合っているか、どの銀行融資が適切かを検討することが必要です。

 

4-2 事前に銀行融資を受ける準備をしておく

銀行融資は、パッと決めてすぐに受けることができるような甘いものではありません。銀行融資を受けるには、その場になって付け焼刃的に対応するのではなく、日頃からの準備が非常に重要です。

上記の通り、①銀行の格付けを上げるために、自社の経営内容を改善させる、②日頃から、銀行と一定の関係を築いておく、③税金や公共料金を滞納しないなどの配慮はとても大切です。

また、銀行融資の検討段階では、その場になって慌てないためにも、銀行融資の手順(融資申込→必要書類の提出→担当者との面談→銀行の審査→融資の実行)を把握しておくことも重要です。

 

4-3 必要書類は漏れなく迅速に提出する

銀行融資を申請すると、銀行から一連の書類を提出するよう求められます。この場合、書類の準備に時間がかかる、または書類に漏れや誤りがあるなどでは、銀行から信頼を得ることが難しくなってしまいます。提出書類は、事前に準備しておき、漏れなく迅速に提出することが大切です。

 

4-4 面談で説明できるようにしておく

書類を提出したら、銀行担当当者との面談があり、書類や事業計画の説明を求められます。
この面談では、銀行側が知りたいと思っている点について、明確に説明ができるように準備しておくことが大切です。銀行側の質問に対して明確に説明ができることが、銀行の信頼を得ることに繋がります。

5 まとめ

まとめ

会社の事業継続や新規事業立上げなどの場面で、銀行融資は必要不可欠のものですが、この銀行融資受けるには、融資審査を通過することが条件となっています。融資審査を通過するには、いくつかのポイントや注意点があり、それらを押さえた上で対策を講じて臨めば、スムーズに融資を受けることができます。銀行融資を通過するには、事前の作戦構築と準備が最も重要であると言えるでしょう。

融資の事なら融資支援.comへお気軽にお問い合わせください!
融資支援のみ外注したい税理士・公認会計士の方はコチラ
© 融資支援.com All Rights Reserved.