銀行融資に必要な書類は?成功率を上げるポイントも解説

企業が事業を維持・成長させていくためには銀行からの融資は重要ですが、銀行融資を受けるのは容易ではなく、そのための準備も欠かせません。そこで今回の記事では、銀行融資を受けるためのポイントのほか、成功に繋がる必要書類について解説します。銀行融資のタイプ、融資審査で必要な書類の種類、融資の成功率を上げる重要について詳しく知りたい方は、ご参考ください。

1 銀行融資の特徴とタイプ

銀行融資の特徴や種類を確認してみましょう。なお、ここでの銀行は便宜上銀行法の普通銀行(主に民間銀行)と政府系金融機関を含み、融資サービスは3つに分けます。

 

1-1 公的金融機関の融資

国の各種の政策を推進し民間金融機関の補完など目的として設立・運営されている公的金融機関が存在します。具体的には、「日本政策金融公庫(日本公庫)」「商工組合中央金庫」「日本政策投資銀行」などです。その中でも個人や中小企業等が最も利用しているのが日本公庫で、幅広い融資が民間金融機関よりも有利な条件で用意されています。

 

1-2 制度融資

制度融資は、国等の政策推進のために自治体・金融機関・信用保証協会が連携して提供する融資サービスです。特定の政策を推進するためこの3者が連携し、起業家、小規模事業者や中企業者等の資金調達を支援します。

制度融資は、信用保証協会が企業の債務保証を行い企業が民間銀行から融資を受けられやすくする制度ですが、企業には保証料の負担が生じます。

 

1-3 プロパー融資

民間銀行が企業に対して行う一般的な融資が「プロパー融資」です。企業が直接と民間銀行と契約して借入するのが特徴です。

民間銀行の事業者向融資には、簡易な審査・小規模融資・早期の資金提供といった特徴のある「ビジネスローン」もありますが、プロパー融資はそれと反対の性質をもちます。プロパー融資は融資額が大きいですが、審査は厳しく、実行までの時間もかかりやすいのが特徴です。

2 銀行融資に必要な書類

ここでは銀行融資の審査で求められやすい一般的な書類(資料)を紹介しましょう。

 

2-1 企業の基本情報

まず、融資対象の基本情報として以下のような書類が求められます。

  • 定款の写し
  • 登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 納税証明書
  • 確定申告書
  • 決算書(損益計算書、貸借対照表)
  • 残高証明書

定款や登記簿等は、会社の目的(事業目的)と融資の目的の確認等で使用されます。融資の使途と事業目的とが合致しているか、公序良俗に反する事業を行っていないか、返済の履行に問題のない事業か、などを確認するために求められます。

納税証明書や確定申告書は納税業務を適切に行っているかを確認するために要求されます。

決算書は財務分析に使用され、通常2~3期分の提出が求められます(ある場合)。その企業の収益性、安全性や効率性などが分析され、結果が審査の判断材料として使用されます。

 

2-2 事業計画書

近年、事業計画書が融資の判断材料として重視されています。事業計画書によって融資の返済に問題がないこと企業が成長できること、などを明確に示すと審査の評価向上に繋がります。

事業計画書に記載される主な内容は以下の通りです。

  • 会社概要
  • 理念、目的、ビジョン
  • 商品、サービス、人材やノウハウ等の強み
  • 市場や競合の状況等
  • ビジネスモデルの概要
  • 売上・利益計画
  • 財務計画
  • 生産体制や仕入先等
  • 組織体制

 

2-3 財務の健全性を示す情報

融資返済の実現可能性を評価するために以下の資料がよく要求されます。

・資金繰り表

この資料は、毎月など一定期間における収入と支出、その結果から計算される現金預金の残高を示すもので、名前の通り資金繰りの状況の把握に役立ちます。そのため資金繰り表は、企業にとって各月の資金の過不足を把握し資金ショートしないようにするための管理ツールとして有効です。

また、銀行にとっては企業の資金的な窮状やその原因、妥当な融資額や返済期限などを把握するのに役立ちます。

・試算表

試算表は決算の確定作業の前に作成する資料で、各取引の仕訳が記載されている仕訳帳から総勘定元帳へ正確に転記されているのを確認するための集計表です。銀行からは以下のような目的で試算表の提出が要求されます。

  • 決算後の業績の確認(指定月の試算表を要求)
  • 粉飾決算などの不正行為の確認
  • 資金繰り表との整合性の確認

試算表は直近の決算などに疑わしい点や業績不安がある場合に検証用の資料として要求されます。

また、企業が取引している各銀行との取引内容を一覧表にまとめた「銀行別取引推移表」、建設業で受注状況を示す資料として「手持工事明細表」などが求められることもあります。

3 融資の成功率を上げるポイント

融資の成功率を高めるために必要なポイントは以下の通りです。

 

3-1 借入先や融資のタイプの選定

融資の成功率を上げるためには借入先や融資のタイプなどを適切に選定することが重要です。たとえば、民間銀行よりも公的金融機関のほうが融資は受けられやすいため、日本公庫などを借入先に選ぶほうが成功に繋がります。

また、プロパー融資より制度融資のほうが融資は受けやすくなるため、制度融資に関連する使途ならそれを利用したほうが成功しやすく、かつ有利な条件で借入できます。また、同じ民間銀行でも都市銀行よりも地方銀行のほうが、審査に通る確率も高くなります。

 

3-2 銀行の審査ポイントの把握と対策

各銀行には、以下のような融資審査上の要点があるため、それを把握した対応が求められます。

・資金使途の明確さと正当性

資金使途に曖昧さがあり、正当性がない場合審査通過は困難になります。例えば、「○○事業の設備として△△万円の融資が必要である」など借入目的の明確さや内容の妥当性を示す根拠の提示が重要です。

・返済計画の明確さと妥当性

返済計画の内容に不明瞭さや返済根拠に曖昧さなどがあると、返済の実現可能性は低いと評価され、審査通過は難しくなることがあります。返済するための事業や行動がどのように収益へ反映されるかを具体的な内容と数値で客観的に説明しなければなりません。

・返済が困難になかった場合の対応

民間銀行では特に返済が困難になった場合の対応として、保証が要求されるケースが多く、担保や保証人の設定も必要になり得ます。

・取引する価値

銀行は貸出というリスクのある取引をするため、融資先にそれだけの価値があることが重要です。そのため長期的に取引して銀行のビジネスに有益である点を事業計画や経営管理体制などから示すことが欠かせません。

 

3-3 重要な計画書や管理ツールの提示

以下の3つの資料は融資の査定に大きく影響するため有利に働くように作成しましょう。

①事業計画書

事業計画書では、融資の目的と今後の事業との関係性が合致している融資返済を実現できる事業を展開する事業が資金繰りに悪影響を及ぼさない、などの点を示すことが融資の成功に繋がります。特に以下の点は重要です。

  • 経営理念の記載
  • 確実性の高い数値の提示
  • 根拠のある数値の採用と説明
  • 実現可能な具体的な行動プランの提示
  • プレゼンテーション資料は明確でインパクトのある構成・表現で作成
  • 熱意のあるプレゼンテーションの実施

②資金繰り表

資金繰り表で資金ショートの恐れがない、一時的に資金難に陥っても直ぐに回復できる、など資金状況に問題がないことを示すことが融資の成功に繋がります。なお、資金繰り表は事業計画書に連動した結果としての数値で示すことが重要です。

③試算表

試算表を銀行から要求されない場合でも自主的に提出すると決算内容の信頼性を高めるのに役立ち、審査で有利に働くこともあります。

4 まとめ

銀行融資に成功するには、借入先や融資のタイプなど考慮して検討することが重要です。都市銀行は不可でも地方銀行は可能、プロパー融資は不可でも制度融資なら可能というケースもあります。

また、融資審査の際に求められる書類等を適切に準備することで審査を有利に進めることも可能です。自社との取引が銀行にとってメリットがある点を計画書や管理ツール等で示せば融資審査は有利に働くため適切な書類の準備を進めてみてください。

融資の事なら融資支援.comへお気軽にお問い合わせください!
融資支援のみ外注したい税理士・公認会計士の方はコチラ
© 融資支援.com All Rights Reserved.