プロバー融資とは何?普通の融資との違いや受けるためのポイントを紹介

事業の継続や発展には融資を受けて資金の礎を築くことが欠かせません。融資には、おもに、「信用保証協会保証付融資」「プロパー融資」の2種類がありますが、プロパー融資とはどのような融資なのでしょうか。

この記事では、プロパー融資の特徴や、プロパー融資を受けるためのポイント、他の融資との違い、メリット・デメリットについて詳しく解説します。ぜひ、最後まで読んでプロパー融資についての理解を深めてみてください。

1 銀行の融資の種類

銀行の融資の種類

銀行(金融機関)には2種類の融資があります。一つは「信用保証協会保証付融資」で、そしてもう一つが「プロパー融資」です。

 

1-1 信用保証協会保証付融資

信用保証協会保証付融資

信用保証協会保証付融資(以後、保証付融資)とは、信用保証協会に保証料を支払い、保証を付けた上で受ける融資です。保証付融資では融資の返済は銀行に対して行いますが、仮に返済できなくなった場合、残りの返済額の8割から全額を保証によって信用保証協会が代わりに銀行に返済します。これを代位弁済と呼びます。

代位弁済後は銀行に対しての残債は無くなりますが、融資を受けた側の全ての債務がゼロになるという訳ではありません。銀行の代わりに信用保証協会への債務が残ることになります。

また、代位弁済が実行された場合は、いわゆるブラックリストに載ってしまうことになります。保証付融資は、融資を受ける側にとって絶対安心な保証制度ではない、ということに留意する必要があります。

 

1-2 プロパー融資

プロパー融資

一方、プロパー融資は、信用保証協会を介さずに、銀行との直接の融資取引となります。そのため、もし返済不能となった場合は、銀行側が全ての損失を被る、すなわち「貸し倒れ」の事態となります。

プロパー融資は銀行側にとってリスクの高い融資となるため、それを受けるためには厳しい審査を通る必要があります。そのためプロパー融資は、融資を受ける側に高い信用力と実績を求めるため、起業したばかりの会社・個人事業主にとっては実現可能性の低い融資となります。

会社・個人事業主がプロパー融資を受けるためには、保障付融資を滞りなく返済し、実績を積むなどの取り組みが必要になります。

2 信用保証協会保証付融資とプロパー融資の比較

信用保証協会保証付融資とプロパー融資の比較

銀行から受けられる2つの融資について、各ポイントで比較してみましょう。

まず、「融資実現度」については、保証付融資の方が高くプロパー融資の方が低くなります。

また、「融資利率」はプロパー融資の方が低く、保証付融資の方が高くなります。これは、プロパー融資を受けられるということは信用力の高さを認められているということになるためで、この信用力の高さが利率の低さに繋がっています。

「融資限度額」については、保証付融資は無担保の場合8,000万円まで、担保付きの場合は2億8,000万円となります。プロパー融資には原則として上限はありません

「融資実行までの期間」は、プロパー融資は審査機関が銀行だけなので保証付融資に比べると短めです。ただし、「審査の通りやすさ」という点ではプロパー融資の方が通りにくいです。かつ、プロパー融資の場合は保障付融資よりも数も質も上の資料を要求されることになります。

「利息額」に関して、保証付融資は、銀行への利子にプラスして信用保証協会の保証料の2種類が必要となります。そのため保障付融資はプロパー融資に比して高額となります。

「融資対象」は、プロパー融資は実績や信用力の高い会社・個人事業主が対象です。保証付融資の方は起業して間もない、及び実績を積んでいる段階の会社・個人事業主が対象となります。

最後に「融資の申込み先」ですが、プロパー融資は銀行のみです。対して保証付融資は、銀行と信用保証協会の2箇所に対して申込むことになります。

3 プロパー融資のメリット

プロパー融資のメリット

プロパー融資は銀行との直接取引=信用保証協会を介さないという融資取引なので、「保証料が発生しない」「審査日数が短い」という2つのメリットがあります。

保証付融資の場合、通常の利子とは別に融資額の0.45%から2.20%の保証料が発生します。
つまり、融資額が大きければ大きいほど保証料も大きくなりますが、プロパー融資にはこの保証料が発生しません。

そして、プロパー融資は、保障付融資のように信用保証協会という銀行とは別の審査機関を通さないことによって「審査日数が短い」のもメリットです。プロパー融資を受けるということは、それだけ既に実績や信用を築いていることから審査日数も短くなります。

この信用力の高さは「金利の低さ」にも繋がります。信用を勝ち得てその高い敷居をまたいだ場合、低金利で優遇される可能性もあります。

プロパー融資を受けるだけの信用力の高さは「融資限度額の原則撤廃」にも繋がります。経営状況や融資の活用方法と返済計画を銀行に説明して審査を通すことができれば、希望額通りの融資を受けられる可能性があります。

このほか、プロパー融資を受けることで、取引先や世間から信用力の高さを認められることもメリットと言えるでしょう。

4 プロパー融資のデメリット

プロパー融資のデメリット

プロパー融資の最大のデメリットは「審査の厳しさ」です。起業間もない会社・個人事業主の場合、プロパー融資の審査を通すことは困難です。

プロパー融資の審査が厳しい理由は、プロパー融資で返済不能となった場合、銀行の貸し倒れに繋がる可能性があるためです。一方の信用保証協会を介する保障付融資では、返済不能となった場合、信用保証協会が残債の通常8割を負担するため、銀行側の負担は残った2割となることから、審査基準も比較的優しいのが特徴です。

また、プロパー融資の審査の際には、貸し倒れリスクを回避するため、信用力や実績を図るための緻密な事業計画書や返済計画などの資料を求められます。

このように多くの資料と手間が必要になる点も、プロパー融資のデメリットと言えます。

5 まとめ

プロパー融資は審査が厳しく、融資を受けるのが難しいという象を持たれています。しかし、保障付融資とプロパー融資を比べた場合、金利や審査期間、融資限度額など多くの項目において、プロパー融資のほうが有利な場合もあります。

融資を受ける際は銀行側にプロパー融資の相談を行うことも可能ですが、事業発展に尽力し、そして保障付融資を受けて滞りなく返済を行うことが重要です。

また、アピール力の高い資料を作成することがプロパー融資を受けるための重要なポイントです。受ける融資によってこれからどのような経営や事業の展開を考えているか、そのビジョンを審査用資料でアピールする必要があります。

用意する資料は事業計画書や返済計画書だけではありません。過去の決算書類も重要となります。決算書類のうちの損益計算書では利益を出しているか(=赤字ではないか)等もチェックされ、貸借対照表では事業開始時よりも資本額が増えているかというポイントを審査対象になります。

そのため、融資や審査のノウハウを持った税理士等の専門家への相談も必要です。専門家は多角的で客観的な視点を持っていますので、短期的にも長期的にも効果的なアドバイスを期待することができます。

プロパー融資は敷居の高い融資ですが、それに見合うだけのメリットがあります。直ぐにプロパー融資を受けることができないとしても、受けることを目標に経営に取り組むこと自体に事業にとって好影響もあるため、ぜひ検討してみてください。

融資の事なら融資支援.comへお気軽にお問い合わせください!
融資支援のみ外注したい税理士・公認会計士の方はコチラ
© 融資支援.com All Rights Reserved.